どんな「がん」にも共通する“危険信号”とは!?

💛健康関連

どんな「がん」にも共通する“危険信号”とは!?

多くのがんで共通の初期症状があります

がんは、頻度の差はありますが、
体中のほとんどの臓器にできる可能性があります。
それらの多くのがんで共通の初期症状があります。

がんによって現れる症状は、軽微なものから重いものまで様々です。
いくつかの症状はがんの経過において早期に現れるので、
がんの警告サインとして重要で、早期に医師の診察を受けるべきです。

多くの、あるいはほぼすべてのがんに共通する症状もある一方、
がんの種類や増殖部位によって特徴的な症状が現れることもあります。

ここでは、がんの早期発見に役立つ
「がんに共通の危険信号」についてまとめてみました。

どんな「がん」にも共通する“危険信号”とは?

がんは、その増殖によって固いできものを形成していきます。このできものが大きくなるに従って、通過障害を来す場合があります。

■出血、もしくは血が混じる

体から血液そのものや血液が混じったものが出てくるということは、
通常では見られない現象です。
(下血や喀血、不正出血、便や痰に血が混じるなど)

もちろん、何の心配もない場合もありますが、
がんの初期症状の可能性も少なからずあると考えておいた方が
よいでしょう。

■管が詰まることによる症状

腸閉塞や、皮膚が黄色くなる黄疸、水腎症と呼ばれる
腎臓が腫れてしまう状態を引き起こすことがあります。

これらはいずれも、ある程度の進展によって起こってくることが
多いですが、できた場所と状態によっては、
初期症状のひとつとして見られることがあります。

出典 http://www.msn.com

がんの初期症状・早期発見のために

がんは初期症状に気づくことが大切。

がんの早期発見・早期治療のためにも、
非常に重要な初期症状の理解が大切です。

少しの症状による身体からの危険信号を見逃さないために、
主な初期症状、早期発見のポイントをまとめました。

がんを早期発見するために知っておきたい4つの体の変化

がん検診はカネと時間の無駄。早期発見で得するのは医療資本のみ

がんは早期発見すればするほど、
治る確率も高く、治療期間も短くてすみます。

普段、見過ごしてしまっている何気ないことが、
がんの初期症状のサインである場合があります。

自分の体調の変化を気づくことができるのは、自分自身です。
普段の生活の中で気を付けたい、4つの体の変化についてまとめます。

出典 http://blog.gannoclinic.jp

がんを早期発見するためには、初期症状を見逃さないことが非常に大切です!

見逃すな! がんの初期症状・気になる症状

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ